山野草 アオイゴケ 葵苔 ダイコンドラ ミクランサ 3号 現金特価 1ポット 山野草 アオイゴケ 葵苔 ダイコンドラ ミクランサ 3号 現金特価 1ポット ダイコンドラ・ミクランサ),3号(1ポット),www.fiestamexicanadanceco.com,花、ガーデニング , 盆栽、苔玉 , 山野草,(山野草)アオイゴケ(葵苔,518円,/gurl652189.html ダイコンドラ・ミクランサ),3号(1ポット),www.fiestamexicanadanceco.com,花、ガーデニング , 盆栽、苔玉 , 山野草,(山野草)アオイゴケ(葵苔,518円,/gurl652189.html 518円 (山野草)アオイゴケ(葵苔 ダイコンドラ・ミクランサ) 3号(1ポット) 花、ガーデニング 盆栽、苔玉 山野草 518円 (山野草)アオイゴケ(葵苔 ダイコンドラ・ミクランサ) 3号(1ポット) 花、ガーデニング 盆栽、苔玉 山野草

山野草 登場大人気アイテム アオイゴケ 葵苔 ダイコンドラ ミクランサ 3号 現金特価 1ポット

(山野草)アオイゴケ(葵苔 ダイコンドラ・ミクランサ) 3号(1ポット)

518円

(山野草)アオイゴケ(葵苔 ダイコンドラ・ミクランサ) 3号(1ポット)

muryotassei_700_799 _aqua _gardening ◎ ガーデニング ヒルガオ 昼顔 RM 20180410 greepla10bai1406 marine_0722tanndoku 植物 植物生体 ガーデニング生体 育て方 育成方法 栽培方法 bnr_hrgmgr Dichondra micrantha ダイコンドラミクランサ ディコンドラミクランサ ピグミーバイオレット

商品総額税込み5980円以上で沖縄県を除き基本送料無料。直送品、タイム便、中型商品、冷蔵・冷凍、代引き、銀行振込、コンビニ決済は別途手数料がかかります。送料・手数料の詳細についてはこちらをご確認ください。メーカー:※秋期から春先にかけての出荷の場合、地上部の葉が一部枯れた状態での出荷となる場合がございます。 冬越しの為の休眠状態ですのでご理解を御願い致します。株分け、植え替え後の場合がございます。※成長状態により出荷サイズには差異がございます。また、1ポットあたりのボリュームも異なる場合がございます。
グランドカバーに大活躍。
アオイゴケ 3号 (1ポット)
特長●アオイゴケは本州南西部から沖縄にかけて日陰の湿った場所で良く見られる植物です。●黄白色の花を春〜夏にかけて咲かせます。●直射日光が当たらない明るい場所から半日陰に多く生息し、多湿気味を好みます。●本種は水草の様に完全水中での育成は困難で、根の部分のみ水に浸かるような場所が適しています。 ●グラウンドカバーやハンキング、ビオトープ、パルダリウム、アクアテラリウムなど幅広い分野で活躍できる可能性を秘めた植物です。 ●
商品サイズ(約)●鉢(ポット)径:9cm※入荷状況や、生長度合いにより高さは異なります。画像はあくまでも目安としてご覧ください。
鉢の種類ビニールポット
学名(※)Dichondra micrantha(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。
別名ダイコンドラ・ミクランサ、ディコンドラ・ミクランサ、ピグミーバイオレット
分類ヒルガオ科アオイゴケ属
開花時期4月〜8月
園芸分類多年草
置き場所日当たりがよく、水はけが良い日向・半日陰に置きましょう。日当たりが悪い場所や過湿の場所では適しません。庭植えする場合は、日向の風通しが良く水はけのいい場所に植え込みます。砂地に自生し、地面を這って伸びる植物なので、適した環境を整えてください。夏場、葉焼けするようならば葉水を与えてください。
水やり表土が乾いたらば充分にあたえましょう。
ご注意商品画像は開花時のイメージです。実際にお届けするものには蕾がついていない場合がありますので予めご了承ください。
お届けする苗の状態について
※入荷時期、成長状態により出荷サイズには差異がございます。※株分け、植え替え前後の場合では1ポットあたりのボリュームが異なる場合がございます。※画像はイメージです。鉢の色や大きさ、形状は異なる場合がございます。※剪定後の場合先端部分を切り詰めている場合がございます。※休眠株の表記は目安になります。※ハウス内で管理された苗のお届けとなる場合がございます。加温されている為、開花期・成長状態等が一般的な季節よりずれてしまう場合がございます。
ビバリウム・テラリウムで苔をご使用になる場合の注意点
ガーデニングの用語一覧
葉水(はみず)⇒霧吹きで葉に水を吹きかけること。空中湿度を保ったり、葉の温度を下げるなどの目的で行う。元肥(もとごえ)⇒植物を植える際、あらかじめ用土に加えておく肥料のこと。追肥(ついひ)⇒植物を育てている途中で補給する肥料のこと。もしくはその肥料を補給すること。お礼肥(おれいごえ)⇒花を咲かせたり果実を収穫した後の、植物を回復させる為に与える肥料のこと。主に速効性化成肥料を用いることが多い。寒肥(かんごえ)⇒冬に農作物や庭木に施す肥料のこと。主に遅効性肥料(有機質肥料)を用い、休眠期に土中で分解させておくことで、春にちょうど良い具合に効き始め効果が持続する。根腐れ(ねぐされ)⇒水や肥料を与えすぎたり、水はけが悪いなどの原因で根が腐ること。根腐れを起こした植物は、悪臭を放つ場合がある。葉やけ(はやけ)⇒直射日光の当てすぎで、葉が変色したり、枯れたりすること。短日処理(たんじつしょり)⇒暗期が一定時間より長くなると開花が促進される植物(短日植物)に、光の当たる時間を調整すること。苞(ほう)⇒葉が変形したもので、つぼみを包んでいた葉のこと。花を保護する役割がある。

(山野草)アオイゴケ(葵苔 ダイコンドラ・ミクランサ) 3号(1ポット)

今月の聖語

2021年9月

日蓮聖人が遺した言葉から、「“今”をイキイキと生きる智慧」をお伝えする人気メニュー。twitterでも配信中です。

解説を見る

過去の聖語一覧へ

まちてらプレス

日蓮宗が国内外を問わず取り組んでいる、
さまざまな活動をお知らせしています。

続きを見る

この人に聞きたいアーカイブ あんのん基金アーカイブ

教え

法話

+ もっと見る

行事・イベント・活動をもっと見る